ALAとはどんなものなのか

ALAとは、5-Amino Levulinic Acid(5-アミノレブリン酸)の略称です。

最近何かと話題のALAの最新情報が知りたい方にはこちらです。

地球上に生命が誕生した36億年前にもこのALAが関わったとされていることから、生命の根源とも言われています。
これは植物や動物などの多くの種に存在していますが、加齢やストレスで減っていってしまい、不足してしまうと体の不調や肌の衰えを起こしてしまう事から生命維持のために重要な役割を担っています。植物においてALAは、光合成を行うために必要なクロロフィルと呼ばれる葉緑素や、動物においてはヘモグロビンの生成や合成のための原料となっています。



また、細胞内のミトコンドリアにおけるエネルギー生産を支えているため、日頃から摂取することが望まれています。



この要素は、ほうれん草やカイワレ大根、ピーマンなどの緑黄色野菜や醤油、味噌、酢、赤ワインなどの発酵食品に多く含まれています。

多くの食品には含まれていますが、1日の摂取目安量が2mgとわずかな量にも関わらず、毎日摂取が難しいとされるほど1食品に含まれている量が微量とされています。
以前までは、ALAは製造コストが非常に高く使用用途が限られていましたが、現在では安価で多量に製造する技術を確立させたので広い分野で応用できるようになりました。


そのため、今では肌の衰え防止等のためのスキンヘルス分野や、作物などに与えることで収穫量の増加や果実の糖度を上げるなどの効果を与えるALA含有肥料製造などに使われています。